ハチミツがダイエットにいい理由

ハチミツがダイエットにいい理由

●機能性低血糖

朝起きたときや食後に

疲労、めまい、脱力感、頭痛、イライラ感、などありませんか?

最近すごく増えていて

特にダイエットをしている女性に
多いですね。

●原因は?

過度な糖質制限や
甘いものの取りすぎ(精製糖)
肝機能の低下
等があげられます。

血糖値のコントロールができずに
乱高下をしていることが考えられます。

●なぜハチミツがいいのか?

ハチミツはGI値が低くて
30〜50だと言われています。

GI値が低いと血糖値の乱高下を
起こしにくく血糖値を安定させてくれます。

●GI値とは
「グリセミック・インデックス」の略です。

GI値が低いほど、血糖値が上がりにくく健康によい食品とされています。

●アカシアハチミツがオススメ

おなじハチミツでもアカシアハチミツはGI値が低くて30、

レンゲのハチミツが50、

カナダ産のクローバーだと
60もあります。

なので低血糖による効果は
アカシアハチミツがオススメ。

●寝る前のハチミツ

最近の報告では、寝る前のスプーン1杯のはちみつが睡眠改善になるという報告が紹介されています。

本来、人の体は就寝中は血糖値が下がらないような仕組みが備わっていますが、

糖質制限をしていたり、
また日中のストレスが強いと
寝ているときに低血糖になってしまうようです。

●さらに低血糖になると、体内では血糖値を上げようと「コルチゾール」というホルモンが作られます。コルチゾールは肝臓に働きかけて、血糖値を維持します。

ただコルチゾールは血糖値だけではなく、体全体を興奮させるので、目を覚まさせたりして、睡眠の質を下げることにもなります。

この夜間低血糖を予防するために有効なのが、「寝る前のティースプーン1杯のはちみつ」なのです。

●ハチミツのカロリー

ハチミツは糖質なのでカロリーはありますが

低血糖で眠りが浅いと食欲が増してしまい食べ過ぎてしまうことの
ほうがスプーン1杯のハチミツのカロリーよりも太るリスクが高いです。

●ハチミツレモンもオススメ

レモンには抗糖化の働きがあると言われています。抗糖化とは「糖化を防ぐこと」

関連記事

  1. 糖質制限が失敗する理由

  2. 果物食べてダイエットに成功

  3. 短期間で痩せない理由

  4. アボガドがダイエットにいい理由

  5. 太る体質と痩せる体質とは

  6. 白米より玄米のほうが痩せやすいのか?