デブ菌とダイエット

●痩せ菌とデブ菌

太りやすい人は
腸内で『デブ菌』が多いことが

ワシントン大学の研究で発表されています。

このデブ菌を痩せたマウスに移植すると太り出したという実験は有名ですね。

同じ食べ物を同じカロリー食べても太る人と太らない人

腸内細菌によって栄養素の吸収や脂肪やタンパク質の合成力が変わってくる

としたら

ダイエット=腸活

もすごく大事なんですね。

●善玉菌を増やそう

では痩せ菌の正体とは一体なんでしょうか?

ダイエットに必要な痩せ菌とは
善玉菌なんです。

僕らの腸内には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌が棲んでいます。

善玉菌の割合が多いほど栄養素の吸収や免疫力も上がります。

つまり免疫の70%が腸と言われますが善玉菌が活躍すると

痩せやすくなるだけではなく
身体も中身から健康になっていくのです。

■善玉菌
ビフィズス菌
乳酸菌(フェーカリス菌)
アシドフィルス菌

●便秘と悪玉菌

痩せにくい人には便秘になりがちな人が多いかと思います。

僕のダイエット指導の経験では
便秘が解消すると痩せやすくなる傾向があります。

悪玉菌が多い人は便秘になりがち。

なので健康的にダイエットを成功させるには

カロリー制限や糖質制限よりも

まず善玉菌を増やす
お通じをよくする

ことが大事になってくるんです。

■悪玉菌
『ウェルシュ菌』
『大腸菌』など。

悪玉菌は脂質や動物性タンパク質を好み、悪玉菌が増えると便秘や下痢などお腹の調子が悪くなることがあります。

また病気や老化のもととなる毒素、発がん物質も作り出してしまうので美容と健康の敵ですね。

●善玉菌の増やし方

ダイエットや美容の天敵でもある
悪玉菌を減らし善玉菌に活躍してもらうには

まずは食事改善です。

毎食、食物繊維を意識して
食べること。

そのためには、

1、主食をPFCバランスで
50〜60%をしっかり食べる

主食の1番おすすめはお米です。
特に玄米や五穀米がおすすめ。

2、緑黄色野菜を意識して
毎食食べるようにする

3、海藻やキノコ類を食べる

特に朝は味噌汁にワカメやエノキ、ナメコ、冷蔵庫に残っている野菜をぶち込むとたっぷりの食物繊維やビタミン、ミネラル等の栄養素も摂ることができておすすめ。

4、発酵食品について

納豆や漬物、キムチ、無添加のお味噌など

5、プロバイオティクスのサプリメント

外部から善玉菌を入れるのですが
僕の場合は効果がよく出ています。

アメリカ製のですが翌日から
便がかわりました。

赤ちゃんのような便の色、オナラが無臭、毎朝しっかりと出る、

明らかに善玉菌が働いていると
実感できています。

さらに一日、一食でもいいので
上記の玄米を食べるとさらに
腸活には効果的かと思います。

6、食品添加部をさける

日本は食品添加物は世界一使用されていて農薬使用量も世界トップ。

保存料やPH調整剤は、善玉菌を減らしますので、含まれている食品はできるだけ避けるようにしたいですね。

■腸活を含めた健康的に痩せる40年の実績のある食事指導は当ジムで行っております。

パーソナルトレーニング+指導改善で、中から健康的で理想なボディづくりをサポートさせて頂きます。

関連記事

  1. 肩こりとマグネシウム

  2. 食べなくても痩せない理由

  3. 果物食べてダイエットに成功

  4. 短期間で痩せない理由

  5. ハチミツがダイエットにいい理由

  6. 糖質制限が失敗する理由